中間にカヤを立てて作業完了です。
2016.05.01 14:53  撮影
ナス
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
なす . . . . 植付 収穫. 収穫 収穫 収穫 . .
07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 2018 19 20 21 22 23 24 25 26
 ナスはここ何年と作ってきましたが、整枝のし方が今ひとつマスターしておらず例年枝のお化けになっております。心機一転、気持ちを入れ替えてチャレンジしようと思っております。

定植の準備
 
よく耕した地面に幅3〜4尺のマルチ(黒い農業用ビニール)を敷き、固定します。マルチの敷き方にはコツがありますが、おらホでは風のない早朝にしています。

定植時期
 
おらホでは4月末からホームセンター店頭にナス、キュウリ等ともに苗が並び始めます。これを買い求めて5月1日前後に定植しています。おらホでは洪水被害のリスクがあるので、接ぎ木でない安価なもの「98円」を20本ほど購入しております。整枝をマスターすれば10本で十分かもしれません。

定植の仕方
 
@1畝中約60センチ間隔となるように穴開け器で穴を開けていきます。
 A@に水を注ぎます。
 B苗ポットから苗を取り出し、Aに苗を入れ土で埋め固定します。
 C風で倒れないように支柱を当てます。(おらホでは周りにあるヨシを適当な長さに切って利用していますが、細めの市販のイボ竹を使ってもよいでしょう。)ある程度大きくなったらイボ竹を支柱とします。

手入れ
 
ナント言っても整枝だと思います。先にも描きましたが、まだマスターしていません。専門書等を見ながら、今年はチャレンジです。
支柱
 5月下旬頃、苗、葉っぱが濃い緑になって成長してきたら太めの市販イボ竹を支柱として立てます。
整枝
 マスターしていないので、これに関しては専門技術書、HPがありますで詳細はそちらを参考にしてください。 
肥料
 第1回目は5月下旬頃、後は適宜市販の顆粒状合成肥料をパラパラとかけ土を寄せています。(サクヅカゲ)
 後は適宜「尿素」を与えます。
害虫対策
 おらホではテントウムシ、アブラムシが付くようです。確認したら、市販の農薬で噴霧消毒します。
ポイント
 長期間収穫するには、やはり整枝だと思います。


収穫

 
6月中旬頃、初物をゲット出来ます。


調理
 
漬け物、茄子焼き等一般的な食べ方をしていますが、「ペソラヅケ」をマスターしました。
1本65円のナス苗を10本購入しました。定植後、水をかけた状態です。余りにも小さいので、葦棒支柱立てをしていません。2018.04.29 13:04
ナス苗元気。
2018.05.15 6:34
1番花の下3枚目以下の葉っぱを切り落としました。
2018.05.40
イボ竹の支柱を立てました。併せて芽欠き作業をした。
2018.05.21 17:43
まだまだ小さいナスですが、1番花が咲きました。
2018.06.03 8:57
マニュアルには1番花の下2番芽から欠くこと記憶していました。葉っぱも切り取ってしまいました。2018.06.03 8:59
枯れかけたナスですが、持ち直して実をつけ始めました。
2018.08.13 10:56

 
家庭菜園/減農薬/
山形村山おらホの百姓